ネイティブキャンプの講師を国籍ごとに特徴を徹底レビュー!

ネイティブキャンプっていろんな国の先生がいるけどどの国の先生がいいの?

そう思ったことはありませんか?実際に1年間いろんな国の先生のレッスンを受けてきた私が国籍ごとに特徴を紹介します!

MIHO

自分に合う講師がどんな講師かわかるかも。

私は2021年1月からネイティブキャンプで英会話をしています。
週5コマ程度と少ないながら続けることで、当初レベル6がレベル8へアップしました。(その後7~8でうろうろ)
多くの国籍講師のレッスンを受けています。

スポンサーリンク

目次

ネイティブキャンプとは予約不要で24時間やり放題のオンライン英会話

ネイティブキャンプは予約不要で24時間やり放題が特徴のオンライン英会話です。

予定が立てにくく、忙しい人にぴったりのオンライン英会話です。

簡単にネイティブキャンプ/Native Campの特徴についてまとめます。

  • 「何度でも」授業が受けられる
  • 専用アプリのみで「どこでも」授業が受けられる
  • 世界中の講師が24時間待機し「いつでも」受講できる
  • レベルごとに豊富な教材
  • 聞き放題・読み放題もある

「待っている先生の所にアクセスして、教えてもらう」そんなイメージです。

24時間自分のタイミングで、何回でも授業が受けられます。
PCはもちろん、スマホのアプリ1つで授業が受けられるので便利です。

ネイティブキャンプがどんなオンライン英会話かはこの記事でさらに詳しく紹介しています。

ネイティブキャンプには世界中に講師がいる

世界中にいる講師

ネイティブキャンプには世界中に講師がいます。

日本,フィリピン,セルビア・・・・本当にたくさん。2021年12月時点で14,000名以上。

講師一覧のページで自分に合う先生を探すことができます。 

みんな

自分に合う先生がわからない・・!

今回は講師について紹介していきます。

講師のレベルには差がある。1年受講してわかった講師の選び方

ネイティブキャンプの講師にはレベル差があります

私は実際2021年1月からネイティブキャンプでレッスンを受けています。約1年受講して、正直今日はハズレだったな・・今日はとっても良かったな・・!と思うことがあります。

レベル差のある講師がいる中で自分に合う講師を選ぶ方法

講師にはレベルの差があります

英語講師だったのか、第2言語として英語を話せるだけなのか。講師としてネイティブキャンプを始めたばかりなのか。

先生を選ぶと評価や経験年数、今までの職歴をみることができます。

講師選択画面
個人画面で見るべきところ
  1. ★の数
  2. 受講可能なテキスト数
  3. 職歴
  4. スタッフからの紹介
  5. 講師歴

星の数

ネイティブキャンプではレッスンごとに生徒が★5つで評価を付けます。

★4.9以上なら間違いない、★4.7以上ならほぼ大丈夫、と思います。

受講可能なテキスト数

自分が受けるテキスト以外にも受講可能なテキストが多い方が良いです。

ネイティブキャンプの講師としてのレッスンを受けて使用できるテキストが増えます。使えるテキストが多いということは、英語のレベルが高い、ネイティブキャンプでの講師歴や本気度が高い、ということになります。

職歴

英語講師や通訳、翻訳など言語に関わる先生、教師(言語以外)などの人も多いです。

エンジニアやモデル、という人も。

MIHO

ここは好みだと思います。
話が合いそうだな、とか教師が良いなとか。

スタッフからの紹介

スタッフから講師の英語のレベルについて紹介されていることがあります。

画像の講師だと職歴はエンジニアですが、英語のレベルは高いと書かれています。

講師歴

ネイティブキャンプ内で何年講師をやっているかが表示されています。

講師の選び方①ランキング・★の数で選ぶ

★の数でランキング表示されています。このランキング上位から選ぶと確実です。

ただ、人気でなかなか「いますぐレッスン」を受けることができません。お気に入りに入れておいて、空いた時にすかさずレッスンを受けましょう。

講師の選び方②自分の好みで選ぶ

講師によって得意不得意があります

授業をドンドン進めていくのが得意な先生、毎回フリートークを挟んでやる先生。

アウトプットをさせる先生、文法の訂正が多い先生、ただたくさん話す先生・・。

講師を選ぶ基準
  • ★の数
  • 性別
  • 年齢
  • 国籍
  • フリートークが得意
話が盛り上がりやすい人が好みです

話が盛り上がりやすいのは、年齢が近い女性。20代前半以下は私はあまり選びません。

自分と合うかどうかはやってみないと分かりません。無料体験が7日間あるので、色々な講師を試してみてください。

国籍ごとに徹底レビュー!ネイティブ講師が必ずしも良いわけではない

1年受けて感じたことは、必ずしもネイティブ講師が良い!というわけではない、ということです。

みんな

ネイティブ講師はめちゃ人気ですよね。

MIHO

そう。でも、ネイティブにこだわる必要はいかも。

2021年12月からネイティブ受け放題オプションが始まりました。ネイティブ講師の「いますぐレッスン」はオプションに加入していないと、受けられなくなりました。月額9,800と結構お高め。

ネイティブ講師にこだわらなければ、今まで通り6,480円(ファミリープラン1,980円)で英会話レッスンが受け放題です。

料金についてネイティブ受け放題オプションも含めて記事にまとめていますので、気になる方はそちらも読んでください。

ここでは、ネイティブも含めた講師の特徴を国籍ごとにまとめています。参考になれば幸いです。

講師の世界分布

ネイティブ圏とはどこの国の講師のこと?

ネイティブ圏の講師はアメリカ・カナダ・イギリス・オーストラリア・ニュージーランド・一部南アフリカの先生です。

現在1,000名以上の講師がいます。

ネイティブ圏講師の特徴

ネイティブ圏の講師の魅力は何といっても発音です。

今まで私は5回くらいネイティブの講師の授業を受けました。すると、他の講師だと聞き取れて会話できていたはずができない!英語のスピードも速いし、単語と単語をくっつけて話すので本当に聞き取れない。

特にリスニングが弱いので、ネイティブの授業を受けるメリットはあるなぁと思います。

ただ、ネイティブ講師=いい講師とは限りません。

授業に慣れておらず待ち時間が多い・・先生がずっと話しているだけ・・という人も。

ネイティブ講師の授業はリスニングを多めと考えて、発音授業・フリートークがおすすめです。

アジアの講師紹介、一番多いのはフィリピン講師

アジアの先生は日本人と感覚が似ているところもあり、ニコやかな先生が多いです。

こちらがゆっくり話す英語に、にっこりしながら聞いてくれる。安心感があります。

フィリピン

ネイティブキャンプで最も多いのがフィリピン講師。フィリピンの共用語が英語ということもあって、安心の語学力です。

現在9,277名(2021/12月)

お国柄も穏やかで、講師もニコニコしている人が多いです。

フィリピンにはネイティブキャンプの会社があるそうで、講師が出勤してレッスンをするという形をとっています。フィリピン講師でスーツ姿の講師は会社でのレッスンをする教育を受けています。一定のレッスンレベルが期待できます

発音は日本人に聞きやすい単語がはっきりと聞こえる話し方です。

フィリピン講師でスーツ姿の先生はレスんレベルが一定以上

日本

日本人講師は707名。

日本人講師の最も良い点は、どうしてもわからなければ日本語が使えるところ。他の国の先生の場合、わからないことを英語で伝えなければいけません。英会話初心者には難しいことも。

子供の受講にも日本人の先生が良いかもしれません。

ただし、日本人講師にはご自身も英語勉強中という方も多く、初心者限定・子供だけ、という人も。プロフィールをしっかり読んでからレッスンを受けましょう。

日本語が使えるところが一番の魅力。

ヨーロッパ圏の講師を紹介

ヨーロッパ圏の講師は第2言語が英語、という先生が多いです。日本人からすると、少し無表情に感じることもあるかもしれません。文化の違いで、実際は穏やかな先生が多いです。

発音は第一言語のくせに引っ張られます。少しフランス語っぽい英語だな、スペイン語っぽい英語だな、という感じ。

MIHO

これも世界各国の先生とお話しできる面白さです♪

セルビア

ネイティブキャンプでフィリピンの次に多いのがセルビア。

ヨーロッパの中では表情豊かな人が多い印象です。

セルビアは経済状況的に副業をする人が多く、英語教師をネイティブキャンプ以外にも複数やっている人もいるんだとか。時差の関係上、日本の3-4時頃にセルビアの先生が多いです。

セルビアの先生は穏やかで丁寧な先生が多い

アフリカ圏の講師紹介

アフリカの先生はイメージ通り(?)明るい講師が多いです。

「イェーイ!フゥ~!」みたいに始まる先生も。(好みは割れると思いますが、私はめっちゃ笑いました。)

アフリカ圏は民族ごとに言語が異なるため、社会生活は英語だそうです。英語力は安心感がありますが、発音はやや特徴的な人も多いです。

ネット環境の問題か、アフリカの先生とのレッスンは他と比べると比較的途切れることが多いような・・。

南アフリカ

南アフリカは第1言語が英語の人も多いため、英語に関してはほぼネイティブ。一部の講師はネイティブ登録されています。

発音がやや癖があり、Aの発音が「ア」のため、canがキャンではなくカンと発音する人が多いです。

英語教師経験者も多く、勉強方法や文法・発音の指摘も多くしてくれる熱心な先生が多い印象です。

発音の癖はややあるが、熱心で明るい先生が多い

ナイジェリア

南アフリカの先生と同じく、明るく・熱心な先生が多いです。

たまたまかもしれませんが、ナイジェリアの先生はさらに明るい印象でした。

さらに明るいナイジェリア講師

ガーナ

ガーナは80以上の言語がある多言語国家。共用語として、社会生活では英語が使われています。

イギリスで生活をしていて、ガーナに帰ってそのまま家でも英語を使っているという先生とレッスンをしました。発音は完全にネイティブでした。

MIHO

ほぼネイティブ、という講師が時々います。

中南米の講師紹介

中南米はメキシコを代表としてスペイン語が第1言語の国が多いです。そのためスペイン語の発音に少し近い英語の講師が多いです。

メキシコ

メキシコの先生は私は男性の先生をよく見かけます。

明るいながらも、淡々と授業をすすめていく印象です。教科書をどんどんすすめたい人にあっていると思います。

MIHO

ただし、私がレッスンを受けたのは2人だけです!

中東の講師を紹介

トルコの講師が127名と多いものの、他の国は1桁の所も多いです。そのため、レッスンを受ける機会は少ないと思います。

トルコ

中東の中では講師の数が最も多いトルコ。男性の先生が多い印象です。

初めてレッスンを受けた時は発音が聞き取れず、難しいと感じました。3度ほど同じ先生を受講しましたがやはり・・難しかったです。

MIHO

現在、トルコ人のご近所さんがいます。
その人の英語は聞きやすいので、個人差かもしれませんね。

中東の文化を詳しく知らなかったので、フリートークで色々教えてもらえることができました。

番外編:キャラクター講師

ネイティブキャンプには、キャラクター講師がいます。

キャラクター講師とは人と話すのは緊張する・・という人のために、Teddyというくまのキャラクターが講師になっているんです。

\実際の授業風景はこちら/

キャラクター講師はくまのテディとレアキャラとしてパンダのファンファンがいるそうです。

子供にはキャラクター講師が良いかもしれませんね。

まとめ

今回はネイティブキャンプの講師について国籍ごとに紹介しました。

ネイティブキャンプの講師の選び方は以下の通り

  • ★の数
  • 受講可能なテキスト数
  • 職歴
  • スタッフからの紹介
  • 講師歴

自分に合うかどうかはやってみないとわかりません。ネイティブキャンプには7日間の無料体験があるので、まずはそちらを試してください!

\ ここから無料体験開始! /

応援よろしくお願いします!

コメント

コメントする

目次
閉じる