「予定帝王切開レポ」女医が経験した手術室の流れ(詳細あり)

scheduledceaser

帝王切開をするとき、手術室では何が行われるの?

みんな

本当に痛くない?
意識はどうなる?

不安になる方も多いと思います。脳外科医の私は手術室は慣れっこで、冷静に手術を受けることができました。

2018年に緊急帝王切開で出産、2020年に予定帝王切開で出産しました。
予定帝王切開の手術で何が行われるかの詳しい出産レポです。

実際の手術室でのできごとなので、手術室の写真は出てきませんが苦手な方はご注意ください。

スポンサーリンク

目次

予定帝王切開レポ入院スケジュール

予定帝王切開はあらかじめスケジュールが決まっています。

スケジュールは以下の通り。

外来
外来で手術(出産)予約をする

多くは37〜39週の間に行われます。
私は38週1日目の予約になりました。

前日
前日入院

以下の方達と挨拶を交わします。

  • 担当医
  • 病棟看護師
  • 麻酔科Dr
  • 手術室の看護師
  • 病棟薬剤師

特にやることはなく、結構暇です。

手術日
時間が来たら手術室へ

当日は絶飲食です。
手術室の流れはこの記事を読み進めてください。

7日目
予定退院

入院7日目で退院です。
普通分娩だと5日間の入院期間ですので2日間長いことになります。

みんな

予定というだけあって、流れは決まっているんですね。

予定帝王切開とは・・

何らかの理由で普通分娩が難しい、もしくは帝王切開の方が安全と判断されたとき選択される出産方法。
あらかじめ予定を立てて行われます。
多くは37~39週で行われることが多いようです。

予定帝王切開レポ:病室から手術室へ

朝一番の手術で8:30手術室に到着するため、部屋で8時から手術着に着替えて待機します。
当日は朝ごはん抜きで、数時間前から飲水も禁止です。
手術着が普段は紙の使い捨てですが、コロナ感染症の影響で部屋着を前後ろにして着ることになりました。

手術前の恰好
手術前の恰好
MIHO

*ちょっとしたこと*
髪の毛が長い人は一つに結び、横に出しておくのが良いです。

手術室まで看護師さんと歩いて行きます。

手術室の待合室で待機です。

予定帝王切開レポ:手術室

手術室の大きな流れは以下の通り

  1. モニター装着
  2. 腰椎麻酔
  3. 手術開始
  4. 赤ちゃんが誕生!抱っこできます
  5. 傷を閉じる処置

手術室に入ると、まずは仰向けになって心電図や酸素を測る機械などを付けます。

帝王切開開始前に腰椎麻酔と副作用

次はベッドの上で横向きにで腰椎麻酔を行います。背中から針をさして背骨のなかに麻酔薬をいれます。

腰椎麻酔とは

MIHO

脳外科医がごくごく簡単に解説

人間の背骨のなかには神経が通っています。
神経が背骨から体中に左右対に出て、感覚や運動の支配を行っています。

ヒトの神経

この神経が走っている管の中に麻酔を入れます。

刺すのはウエストラインの高さの腰から針を刺して入れます。
そこから麻酔薬を頭の方まで広げるためにすこし頭を下げたりします。

腰椎穿刺のヘッドダウン

麻酔科の先生が体を触ったり冷たいもの体に当てて、麻酔の効果・効果の範囲を確かめます。


見えないところに針を刺すため、恐怖感はあります。
チクッと感じて針が入ってくる感覚、針が骨に当たると痛みを感じます。背骨の中に入る感覚は少し気持ち悪いです。

足・お股のあたりがフワーっと熱くなり、その後ピリピリしびれてきます。
正座でしびれがきれた感じです。その後感覚がなくなり、麻酔の効果OKサイン。

頭を下げて麻酔の範囲を足から胸のあたりまで広げます

麻酔を行うと、その影響で血圧がぐっと下がることがあります
もともと血圧が低めということもあってか、血圧が50より下がったようでした。
目の前がグルグル回って気分が悪く、今にも吐きそうになりました。

私が触覚低下に気づくのが遅かったため、麻酔が効きすぎました。
胸よりも頭側に麻酔の効果が広がると、腕も少し感覚が鈍くなり、呼吸がしづらくなります
体の酸素の値が下がって、何度も深呼吸を促されました。

予定帝王切開レポ:手術開始

麻酔が効きすぎて、少しバタつきましたが落ち着いたところで手術開始です。

目の前に手術用の布がかぶされ、胸のあたりにはついたてが立てられました。

子宮に到達するまで

始めますねー。」の先生の声で手術がスタートしました。

痛みどころか感覚もまったくありません
体を挟んで2人の医師が立って手術をしてくれます。

「前回の手術の癒着があるね。」
「出血もあるね。」

ん?なんと?出血?
話し声が聞こえるため安心な部分も不安な部分もありました。

赤ちゃん誕生!

子宮を切って赤ちゃんを出す段階になりました。
赤ちゃんを引っ張り出すとき、内臓が引っ張られる感覚や体がもっていかれる感覚があると聞きました。

しかし、特にそのような感覚はありませんでした。

今から赤ちゃん出ますよー!

と声がかかり、気づけば出してもらえていました。

すぐに産声が聞こえて、きれいにしてもらった赤ちゃんに会えました。
会えてとても嬉しかったです。

手術終了まで

「縫合して、手術終了です。出血があったのでそこを処置しますね。」

前回の帝王切開のあとで癒着していた部分から出血があり、その止血を行いました。
「出血は子宮ね、ここが卵巣で・・・」
一つ一つ丁寧に確認しながら処置して頂きました。

手術終了まで痛みも感覚もありませんでした。

予定帝王切開レポ:術後は自分の病室へ

先に赤ちゃんが病棟に帰って助産師さんにお世話をしてもらっていました。

縫合が終わり、服などいろいろと整えてもらい手術用のベッドから病室のベッドに移ります。
全く自分では動けないため、看護師さんや医師に運んでもらいました。

最後まで痛みはなく、部屋にも気持ちの余裕をもって帰ることができました。

ちなみに・・退院後7日目に38.5度の発熱をしました。
子宮周囲腹腔内膿瘍の診断。
この話はnoteにまとめましたので、興味がある方はどうぞ。

おわりに

詳しく手術室の流れを中心に予定帝王切開を振り返ってみました。

何が行われるか知らないと不安ですよね。
もしかすると詳しく知ると余計に不安に思われる人もいるかもしれません。

あくまでも私が出産した病院での流れです。
参考にしていただけると嬉しいです。

応援よろしくお願いします!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

目次
閉じる