【比較】ロサンゼルスのスーパーマーケット10個を詳しく解説

みんな

ロサンゼルスで普段使いのスーパーってどういうものがある?
日本人も使いやすい?
日本の食材は手に入る?

こんな疑問にお答えします。

本記事の内容

  • アメリカのスーパーの利用方法
  • 日系スーパー(+α)
  • 普段使いのスーパー
  • 高級志向のスーパー
  • 日用品も購入できる場所

この記事を書いている私は2020年1月に0歳・2歳の子連れでロサンゼルスに引っ越して、生活しています。

ロサンゼルスは日系スーパーも多く、日本とほぼ変わらない生活ができます。

スポンサーリンク

目次

アメリカのスーパーの利用方法

利用方法は日本のスーパーとほとんど変わりません。

異なる点を4点紹介します。

レジの利用方法

レジに行くとベルトコンベアがあります。

自分で商品をベルトコンベアの上に並べていきましょう。
店員さんが並べたものをピッとやってくれます。

MIHO

前の人との境にバーを置くことを忘れずに!

レジ袋は有料

日本でもレジ袋は有料化していますね。

アメリカでもレジ袋は有料です。
1枚0.1$(10円前後)くらいです。

“Do you need bags?” とレジの人に聞かれます。
Yes or Noで答えましょう。

レジ袋を必要と言うと、別の店員さんが袋に詰めてくれます。
要らないというと、カートに入れてくれます。

支払いはカードで

アメリカでは支払いはほとんどカードです。

Cash(現金)でも受け付けてくれますが、生活していく上ではカードの方が便利です。

MIHO

ロサンゼルス生活半年、一度も現金を使ってません!

無料の会員登録を忘れずに

スーパーごとに会員カード・会員アプリがあります。
登録しておきましょう。

なぜなら、会員になると安いからです。
会員だとSALE価格、非会員だと定価ということも多いです。
SALE価格だとしても会員はより安く買えます。

無料登録ですので、観光であったとしても手に入れてもいいかもしれません。

まずはともあれ、ロサンゼルスの日系スーパーを紹介

japanesesupermarket

ロサンゼルスには日系スーパーがとても多いです。
トーランスというエリアは日本人が多く、日系スーパーや日本食店が多く存在します。

売っている商品

日本のスーパーそのものです。

野菜・果物はコチラ仕様で大きめですが手に入ります。
日本の野菜・果物も手に入ります

日系スーパーでしか手に入りにくい野菜類は主に以下の通り

キノコ類(しいたけ・しめじ・えのき)
ネギ類(青ネギ・白ネギ)
白菜
きゅうり(めちゃくちゃ大きい)

肉類も日本仕様です。

骨のついていない鶏むね肉
豚こま切れ肉
柔らかい牛肉

地元スーパーでもおいしいお肉は手に入ります。
ただ、アメリカの牛肉は固めで子供に不人気でした。
鶏肉も骨がついているものが多いので、日系スーパーに行ったら買いだめしています。

日系スーパーで必ずストック購入するもの

納豆
冷凍うどん
やきそば
柿の種(米系おかし)

Marukai , Tokyo Central

ドン・キホーテ系列のスーパーです。

みんな

え、どういうこと!?

ドン・キホーテの系列スーパーで、日本でも見慣れたドン・キホーテのペンギンがいますよ。
(ドンペンっていうらしいですね。)

地図に表示しているTokyo Centralはスーパーの中に「銀だこ」があります。
鮮魚コーナーも充実しています。
注文してからパックしてくれるお寿司が購入できます。

ニジヤ

地図はリトルオーサカにあるニジヤです。

リトルオーサカとは

サンタモニカとL.A.ダウンタウンの間にある日本食レストランが集まる地域です。
正式名称は「ソーテル・ジャパンタン」だそうです。
ラーメン・そば・うどん、居酒屋風・焼肉・・・etc。

ミツワマーケットプレイス

最も日本の雰囲気に近いスーパーかもしれません。

値段はMarukaiよりほんの少し高めでした。
品揃え、種類はMarukaiより多かったです。

地図で紹介しているミツワマーケットプレイスには日本定食屋と本屋があります。
本屋にはアメリカで人気の漫画がたくさん
子どもの絵本やドリルなども売っていました
文房具などの雑貨類も売られていて見ているだけで楽しかったです。

H-mart

韓国系のスーパーです。

韓国食材も売っていますが、日本の食材もたくさん売られています!
野菜が日系スーパーより安いです
肉は焼き肉用のスライスされたものが多いです。

韓国飯のチヂミやトッポギなど美味しいお惣菜もたくさん。
冷凍食材がおすすめのものが多く、冷凍餃子はロサンゼルスでは一番おいしい

MIHO

焼くだけでおいしいので昼ごはんの1品に助かってます。

地元のスーパーマーケット

ロサンゼルスの地元のひとが使うスーパーマーケットを紹介します。

安いスーパーマーケットから高級志向のスーパーマーケットまで。
なぜこんなに、と思うほど値段が異なります。

財布の味方Ralphs

ralphsmap

ロサンゼルス中にたくさん見かけるスーパーです。
紹介するスーパーの中で一番価格帯が安いスーパーです。

MIHO

普段使いはこのスーパーです♪

食材はもちろん、日用品も充実しています。

地元の人が普段使いするスーパーです。

同じ牛乳の値段で比較

 

$3弱程度

1ガロン

おしゃれなパッケージ、お土産にも最適Trader Joe’s

traderjoemap

こちらもロサンゼルス中で見かけるスーパーです。

店舗によって大きさが異なり、小さめの店舗も多いスーパーです。
その分、扱う商品が少な目の店舗も。

値段は安めですが、パッケージがレトロな雰囲気でお洒落です。
オリジナル商品があり、お得に購入することができます。

お土産にも!おすすめ商品

  • エコバッグ
  • 調味料
  • お菓子

Trader Jaw’sのエコバッグはお土産にも有名ですね。
店によっておいているデザインも異なるのでいくつか店舗を回るといいと思います。

お菓子もはずれが少なく、見た目もおしゃれです。
バラマキ用のお土産に最適です。

調味料は各$2くらいで、他のスーパーと比較するとかなり安いです。
色々な種類がありますがレモンペッパーがおすすめです。

MIHO

肉を焼いてかけるだけで高級感♪

同じ牛乳の値段で比較

 

$3程度

1ガロン

オーガニック商品も多いWhole Food Market

wholefoodsmap

地元の人がよく使うスーパー。

値段はRalphsよりは少し高いが、オーガニック商品が多いです。
オーガニックが多いので野菜・果物がおすすめです。
自社ブランド製品は安めの値段設定です。

スーパー内にお惣菜コーナーがあります。
百貨店の総菜コーナーのように、g単位で注文するスタイルです。
テイクアウトより若干安いくらいの値段はしますが、作るのが面倒な時はおすすめです。

また、パン屋も店内にあるので利用価値ありです。
LAでは日本のような柔らかいパンが手に入りにくいからです。

地元の人が普段使いするスーパーです。

同じ牛乳の値段で比較

 

$3強程度

1ガロン

日本でも有名なCOSTCO

costcomap

倉庫型販売の日本の有名なCOSTCO

価格帯としてはRalphsやTRADER JOE’Sより少し高めです。

日本人がCOSTCOで買うべきもの

  • 水・紙製品の買いだめ
  • サーモン
  • クロワッサンなどのパン
  • プルコギや総菜製品

ロサンゼルスでは刺身で食べられる魚を安く手に入れることが難しいので、行くと必ずサーモンを買います。
アメリカのパンは硬くてパサパサなものも多く、COSTCOのパンは重宝します。
プルコギなどアジア系の味付けの総菜はあまり見かけないのでCOSTCOで買いましょう。

COSTCOはガソリンが安いです。
1ガロン$0.5程度安いです。
メンバー年会費はガソリンで元が取れるくらいです。

MIHO

いつもgas stationは車がいっぱい並んでいます。

高級志向のスーパーBristol Farmers

サンタモニカ、ビバリーヒルズ、ウェストハリウッドにあるBristol Farmes。
スーパー内は明るく、警備員もいて安心できる雰囲気です。
店員さんも朗らかな印象を受けます。

値段、すべての商品が高めです。
お酒(ワイン)のラインナップが豊富で、高級ワイン($100超える)ものもたくさん。
健康志向の食材も多く売られています。

whole foods marketと同様に、スーパー内にg単位で買う総菜コーナーがあります。
とても美味しいです。

高級スーパーでは全く同じものでも倍近く値段が異なるものもあります。

MIHO

日本では同じものはほぼ同じ値段なので驚きました。

同じ牛乳の値段で比較

 

$6弱程度

1ガロン

ケーキがおいしいという噂のgelson’s

こちらもLA内に何店舗かある高級スーパーです。
普段使いのスーパーでは見かけない、値段のはる商品も多く見かけます。

gelson’s内にケーキ屋があり、美味しいという噂です。
他のスーパーでもケーキは売られていますが、いわゆるアメリカのド派手なケーキです。
カップケーキもこれでもか、とデコレーションされています。
他のスーパーと比較すると日本のケーキに近いものが売られています

MIHO

贅沢は言えませんが、私には甘すぎでした。
スポンジもカロリー高めのアメリカのケーキ感はありました。

日用品も売っているスーパー/ホームセンター

食材が売っているスーパーマーケットと、服や文房具などの日用品売り場があります。

日本で言うイトーヨーカドーとかイオン、って感じでしょうか?

二重丸◎がトレードマークのtarget

targetmap

アメリカ中にある、ホームセンター。
赤の二重丸がトレードマークのお店です。

普通のスーパー同様、食材も売っています。
ただし、普段使いのスーパーよりは少しだけ高いイメージです。
大きい店舗が多いので品数は豊富です。

洋服、コスメ、日用品、ベビー用品、文房具、電化製品や子供のおもちゃも売っています。
なんでも売っています。

MIHO

私はバリカン、ヘルメット、誕生日の飾りも買いました!

同じ牛乳の値段で比較

$3 程度

1ガロン

wall-mart

wallmartmap

LA市内にはTargetが多いですが、LA市外の南側にwall-martが多いです。

LA市内に住んでいるため、wall-martにはあまり行きません。
商品のラインナップとしてはTargetと同様です。

まとめ

  • アメリカのスーパーの利用方法
  • 日系スーパー
  • 普段使いのスーパー
  • 高級志向のスーパー
  • 日用品も購入できる場所

以上について紹介しました。

応援よろしくお願いします!

コメント

コメントする

目次
閉じる