ハナセルを日本で使うには!?一時帰国には「ジャパンSIM」

ジャパンSIMアイキャッチ

この記事ではハナセルを日本で使うためのジャパンSIMについてまとめています。

「海外駐在・生活中に日本に一時帰国するときスマホをどうしよう」と悩みますよね。

海外で使っているスマホで日本に帰ると使えません。
固定電話への電話ができないんです。

MIHO

ポケットWifiだけでは電話番号は手に入らない!

この記事の内容
  • なぜジャパンSIMが必要か
  • HanaCell(ハナセル)ジャパンSIMについて
    • デメリット
    • メリット
    • 料金
    • 利用開始方法
  • 注意点・疑問点
実際に使った
感想もあります

記事を読んでいただけば、一時帰国の時の解決策の1つになりますよ!

この記事を書いている私は2年ロサンゼルスで暮らしています。
一時帰国の際にハナセルジャパンSIMを使いました!

実際に使った感想も書いています。

\ 一時帰国に最適 /

繋がらなければSIM代全額返金

スポンサーリンク

目次

ハナセルを日本で使うにはなぜジャパンSIMが必要?

旅行のwifi

日本では日本用のSIMを使う必要があります。

海外SIMは日本でそのまま使えないからです。
SIMによってどの電波を受けるかが決まっているからです。

日本で買える海外SIMでも日本では使えません。

日本でスマホを使うには日本用のSIMを使う必要があります。

ジャパンSIM無しだと日本で使えない?

みんな

日本に海外SIMでそのまま帰ったら全く使えないの?

MIHO

データは使えますよ!

日本用のSIMでなくても、ネットなどデータ通信は使えます

フリーWi-Fiを使えばネットに繋ぐことができます。
海外ローミングを使うこともできます。

フリーWi-FiはもちろんWi-Fiが飛んでいないとだめです。
海外ローミングは非常に高額になることも。

ハナセルのジャパンSIMは、データ3GB/月に加えて電話番号が手に入ります。
SMSも使えます。

ハナセルジャパンSIMのデメリット・メリット

アプリで学ぶ

ハナセルジャパンSIMのデメリット・メリットをまとめます。

実際にジャパンSIMを使った私とTwitterで評判を調べてみました。

デメリット
メリット
  • 維持費がかかる
  • データは3GBまで
  • 通話料が高い
  • 日本では買えない
  • 日本の電話番号が持てる
  • 使わない月は無料
  • 同じ番号が持ち続けられる
  • 帰国前に手に入る

ハナセルジャパンSIMのデメリット

旅行ブログ注意も書く

ハナセルジャパンSIMのデメリットを紹介します。

ジャパンSIMのデメリット
  • 維持費がかかる
  • データは3GBまで
  • 通話料が高い
  • 日本では買えない
気になるところ!

1つずつ詳しく解説していきます。

維持費がかかる

ジャパンSIMを持ち続けると年間$8の維持費がかかります。

みんな

使わなくてもお金がかかるの?

実はハナセルジャパンSIMは基本料金が無料です。
使った月のみ料金が発生するため、維持費がかかるんです。

使わなくてもお金がかかるって損な気がしますよね。
でも、決して高くない維持費なんです。

もし、毎回契約しないとどうなるか。

年1回日本に帰るとすれば、その度にSIM,Wi-Fiの検索。
契約の手続きと初期費用。
その度に電話番号が変わる・・

正直面倒ですよね。

これが年間$8で維持できるとすれば安い維持費だと考えます。
年間$8なら、月$1以下ですしね。

データは3GBまで

データは3GBまで。
その後は低速で使い放題。

月3GB以上使いたい人は足りないと感じるかもしれませんね。
フリーWi-Fiを駆使するかデータWi-Fiを購入する必要があります。

MIHO

自分の月々の使用量と相談ですね。

通話料が高い

通話料は以下の通り。

着信無料
日本国内へ0.65$/分※1
海外にかける※20.65$/分※1
※2以外の国へ2.35米ドル/分
電話料金

※1 電話をするときに頭に0063をつけると電話料金が安くなります。
日本国内は0.85$/分から0.65$/分へ、海外は1.75$/分から0.65$/分。

※2 米国(本土とハワイのみ)、カナダ、中国、韓国、台湾、香港、シンガポール、タイ、マレーシア、インドネシア、フィリピン、オーストラリア、ニュージーランド、 イギリス、フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、スイス、オランダ、ベルギー

個人間の通話はLINE通話がメインでしょう。
固定電話へ必要な時のみの値段と考えれば高くありません。

MIHO

むしろ海外へ0.65$/分って安くない?

日本では買えない

ハナセルジャパンSIMは日本では購入ができません

ハナセルジャパンSIMのページにも明記されています。

【日本配送をご希望のお客さまへ】
大変申し訳ございませんが、音声通話付きのジャパンSIMカードは日本の住所に配送できません
※日本の法律上、音声通話付きのSIMカードは、居住地(海外在住者の場合は海外のお住いの住所)のみに配送可能です。

日本の法律により、帰国前に購入する必要があります。

  • 海外への発送
  • 空港での受け取り

この2つは手数料無料です。

みんな

購入して日本で使えなかったら嫌だな・・

MIHO

8日以内なら返金保証あり!

8日以内なら、初期費用の$39返金保証があります。
解約は無料

帰国直前に契約し、帰国後使えなければすぐに解約すると良いですね。

\ 一時帰国に最適 /

繋がらなければSIM代全額返金

ハナセルジャパンSIMのメリット

良い評判

結論、ハナセルのジャパンSIMは年に1回など定期的に帰国する人には最適

そのメリットを紹介します。

ハナセルジャパンSIMのメリット
  • 日本の電話番号が持てる
  • 同じ番号が持ち続けられる
  • 110・119もできる
  • 使わない月は無料
  • 帰国前に手に入る
一時帰国には最適

日本の電話番号が持てる

ハナセルジャパンSIMを契約すると090・080から始まる番号が手に入ります。

日本の番号が手に入る利点はこちら。

  • 日本の番号でないと登録できないことがある
  • 固定電話に電話ができる
  • 110・119もできる

個人間での電話はLINEでできます。

一時帰国の際に病院へ行ったり、予約をするには電話番号が必要に。
緊急時の110・119も日本の番号がないとできません。

https://twitter.com/ERIEdesign005/status/1424735155768500228?s=20&t=t5_qGK2weaH0fyCMHg3yiQ

同じ番号が持ち続けられる

同じ番号が持ち続けられるのは大きなメリットです。

定期的に帰国するときに毎回電話番号が変わるのは面倒ですよね。
友人や店に番号を登録しておけるととても楽。

帰国のたびに契約すると電話番号が毎回変わります

ジャパンSIMを契約しておけば、維持費年間$8でずっと同じ番号が持てます

使わない月は無料

一時帰国する月だけ払えばOK。
使わない月は無料です!

データ通信使った月だけ$29

年1回定期的に帰国する人は、帰国する月だけ$29。

初期費用も$39のSIM代のみです。
他の手数料は必要ありません。

MIHO

持ち続けることを考えると
安い、手間要らずですね!

帰国前に手に入る

日本に帰るまでに手に入れることが出来ます。

一時帰国中はやりたいことがたくさん。
SIMの手続きで手間取りたくない。

ハナセルジャパンSIMなら海外にいる間に手に入れることが出来ます。
海外への発送料も無料

MIHO

子連れで一時帰国するにも
帰国前にゲットできるのは
ありがたい!!

\ 一時帰国に最適 /

繋がらなければSIM代全額返金

ハナセルを日本で使うジャパンSIMの料金・基本情報

チェックリスト

ハナセルを日本で使うときにかかる費用をまとめました。

定期的に一時帰国する人にはお得な料金体系です。

ジャパンSIMの初期費用

ジャパンSIMカード 販売価格39米ドル
契約手数料、アクティベーション費用無料
送料、受取手数料無料

初期費用は$39のみ。
8日間の返金保証があります。

ジャパンSIMの基本料金・利用料金

基本料金無料
データ通信使った月だけ$29

使った月だけ$29。

リーズナブルですよね。

SIMカードを入れるだけで使ったことになることも。
使わない月は抜いておくほうがベター!

着信無料
日本国内へ0.65$/分※1
海外にかける※20.65$/分※1
※2以外の国へ2.35米ドル/分
電話料金

※1 電話をするときに頭に0063をつけると電話料金が安くなります。
日本国内は0.85$/分から0.65$/分へ、海外は1.75$/分から0.65$/分。

※2 米国(本土とハワイのみ)、カナダ、中国、韓国、台湾、香港、シンガポール、タイ、マレーシア、インドネシア、フィリピン、オーストラリア、ニュージーランド、 イギリス、フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、スイス、オランダ、ベルギー

SMS受信無料
SMS発信国内 $0.12 国外 $1.40

\ 一時帰国に最適 /

繋がらなければSIM代全額返金

ジャパンSIMを受け取る方法

ハナセルジャパンSIMを受け取る方法は2つ

  • 海外の自宅で受け取る
  • 日本の空港で受け取る

海外の自宅では送料無料で受け取ることが出来ます。
本人確認書類が必要になります。

ジャパンSIMは日本の空港でも受け取ることができます。
手数料は無料です。
受け取れる空港は以下の通り。

  • 成田空港 第1ターミナル
  • 成田空港 第2ターミナル
  • 羽田空港
  • 関西国際空港
  • 中部国際空港セントレア

おすすめは海外の自宅で受け取ること。

飛行機が着いてすぐにスマホが使えるようになるから。
到着時間によっては営業時間内に受け取りができないから。

ただし、国によっては配送システムが不安定で確実でない場合も。
その時は空港で受け取りがおすすめです。

受け取れる海外の国はハナセルジャパンSIMのページで確認できます。

受け取れる海外の国は

ハナセルを実際日本で使った感想

口コミと体験談

ハナセルを実際に日本で2021年1月に使用しました。
一時帰国をしたためです。

イマイチな点
良かった点
  • 2ヶ月分必要になった
  • 3GBは少なかった
  • 通信・通話はスムーズ
  • 到着すぐ連絡が取れた

ハナセルジャパンSIMのイマイチな点

2020年12月から1月にかけて、25日ほど一時帰国しました。
帰国は30日以下でしたが、2ヶ月分の代金が必要になりました。

ハナセルの料金は毎月1日スタートで計算され、日割りが無いからです。

つまり、この時2020年12月と2021年1月の2ヶ月分を支払うことになりました。

ハナセルジャパンSIMの良かった点

結論としてハナセルジャパンSIMを使って良かったです。

前述のハナセルのメリットはもちろん、実際に使ってわかった点を2点紹介します。

通話・通信はスムーズ

実際、25日間全く通信・通話には困りませんでした。

役所・病院への電話は問題なくできました。
ネット、LINEなどはスムーズでした。

1ヶ月3GBでは足りず、超えた時はスピードは非常に遅かったです。
LINEする程度でした。

3GBを超えるとスピードは128kbになります。
必要な場合は1GB$15で購入することが出来ます。

空港に到着した時点で使える

「空港に到着した」と連絡することが出来ました。

SIMを変えるだけで使えました。
とても簡単で使い始めも困ることはありませんでした。

MIHO

定期的に帰国する人には
使用開始が簡単なのは大切!

\ 一時帰国に最適 /

繋がらなければSIM代全額返金

ハナセルを日本で使うときの注意点・疑問

QandA

ハナセルのジャパンSIMを申し込むときの注意点・疑問点をまとめました。

どのスマホでもジャパンSIMは使える?

SIMフリーのiPhone6,SEより新しい機種、Andoroid・ガラケーの一部の機種が対応。
購入したキャリアやソフトバンクの周波数に対応しているか、などに影響されます。

ハナセルジャパンSIMのページで確認してください。

ジャパンSIMでLINEは使える?

問題なく使えます。

自分の携帯で使えなかったらどうすればいい?

8日以内に連絡すればSIM代$39は全額保証。

解約は無料です。

日本に帰国後、やっぱり使いたくなったので申し込みたい

残念ながら、音声通話付きのジャパンSIMカードは日本の住所に配送できません。

海外の住所・空港で受け取る必要があります。

ハナセルを日本で使うジャパンSIMのまとめ

ハナセルのジャパンSIMについてまとめました。

一時帰国を定期的にする人には非常に便利なSIMカードです。

デメリット
メリット
  • 維持費がかかる
  • データは3GBまで
  • 通話料が高い
  • 日本では買えない
  • 毎月1日から月額加算
  • 日本の電話番号が持てる
  • 使わない月は無料
  • 同じ番号が持ち続けられる
  • 帰国前に手に入る
  • 通話・通信はスムーズ

\ 一時帰国に最適 /

繋がらなければSIM代全額返金

応援よろしくお願いします!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる