ハリウッドサインの裏側への行き方!楽しく子連れでトレッキングできるコース

サインの裏側

ロサンゼルスの観光の名所であるハリウッドサイン。

実際行ってみて思うこと「・・・ちっさ!」。

ハリウッドサインは案外小さいです。今回はハリウッドサインの写真スポットとハリウッドサインの裏側まで歩くトレッキングコースを紹介します。

ハリウッドサインの裏側へ行くトレッキングコースはいくつかありますが、今回は子連れでも可能な一番短いコースを紹介します。

スポンサーリンク

目次

ハリウッドサインの裏側への行き方!トレッキングコースはこれ

ハリウッドサインのコース
ハリウッドサインへのコース

ハリウッドサインの裏側へ行くトレッキングコース、ハイキングコースはいくつかあります。

最も短いコースはこのMt.Lee Drのコースです。

道も舗装されていて、子連れでも歩けるコースです。
普段着で十分登れるので、観光のついでに歩ける唯一のコースだと思います。

黄色の四角がコース入り口ですが、駐車できません。
★印のLake Hollywood Parkに駐車していきましょう!

ハリウッドサインの裏側への行き方!トレッキングを道なりに紹介

駐車場は先ほど説明した通り、トレッキングコース入り口ではなくLake Hollywood Parkに駐車してください。

出発地点はLake Hollywood Park

レイクパーク
lake hollywood park

ロサンゼルスの公園はたくさん犬が来ますが、lake hollywood parkもたくさん犬が来ます。

ハリウッドサインのもと、気持ち良い散歩ができます。
ハリウッドサインと写真を撮るならここですね。

MIHO

ローラがinstagramにアップしていたこともあるとか!

入り口までの道
歩道がない道

まず、Lake Hollywood Parkから歩道がない道を歩いていきます。

曲がりくねった道で、歩道がないので歩くときは注意してください。
特に子供は注意!!

近所の家
本屋さん?なガレージ

歩道のない道をつづいて歩き続け、民家の中を歩いていきます。

おしゃれな家が多くて、みながら歩くととても楽しい!

車が入れない道へ

入り口
ここから車が入れません。

車が入れない場所に到着。ここからは子供も自由に歩けますね。

この周囲は駐車禁止なので注意してください。

家の中の看板
民家の中にも道案内の看板

民家の中も分かれ道はないので、どんどん進んで大丈夫。

民家の中に、hollywood signはこっち!と案内が出ています。

写真スポット2
写真スポット

トレッキングコースに入る直前に、写真スポットがあります。

Lake Hollywood Parkよりハリウッドサインが近く見えます。
周りは芝生ではないので、映えるかはあなたの写真の腕次第。

トレッキングコースを歩く

トレッキングと言っても、舗装された道路です。

1・3歳もルンルン歩いていました。

分かれ道
唯一の分かれ道

歩いて行くと、唯一の分かれ道が出てきます。

看板
看板

唯一の分かれ道には看板が立っています。

  • 右に行くとグリフィス天文台(2.8マイル)
  • 左に行くとHollywood Signの裏側(0.9マイル)

グリフィス天文台に行くコースには馬が歩いていました。
のんびり歩いていて、癒されます。

グリフィス天文台も子連れで楽しめましたよ。

途中で門が出てくる

途中で門が出てきて、間違えた?と焦りますが、門の左に通る道があります。

横からサイン
横からのハリウッドサイン

さらに歩いていくと、真横からハリウッドサインを見ることができます。

ペラペラでちょっと面白いです。

ゴールは高所恐怖症には怖いかも

サインの裏側
サインの裏側は金網で覆われています

ハリウッドサインの裏側に到着です!一番近く見れるのは金網の真後ろです。
思ったより小さいかもしれません。

最後の登り
最後の急勾配

最後に短い距離ですが、舗装されていない急勾配が出てきます。

3歳は登れましたが、1歳には難しかったです。

サインの裏側
ハリウッドサインとロサンゼルスの景色

ここを登ると頂上。ハリウッドサインとロサンゼルスの街を見下ろすことができます。

柵も何もないので、子供は注意してください。
高所恐怖症の人はちょっと怖いかもしれません。

頂上で休憩
頂上で休憩

頂上にはベンチが1つ、流木がいくつか置いてあるだけです。

固定されているわけでもないので、気をつけながら休憩を取りました。

ハリウッドサインへトレッキングするときの注意点

今回紹介したMt.Lee Drのトレッキングは、子連れでも楽しめるコースですが注意点もあります。

  1. トイレがない
  2. 日陰がない
  3. 車・崖に注意

ハリウッドサインへの道にはトイレがない

トレッキングの道にはトイレがありません。

全て含めて3〜4時間ですので、大人は問題ないと思いますが子供のトイレは考えておきましょう。

日陰がないので水分・日焼け止めの準備を

日陰が全くないので、水分・帽子などの日焼け対策を十分しておきましょう。

ロサンゼルスの夏は長く、4月〜11月ごろまで日差しが厳しいです。

子連れは車・崖に注意

ルート紹介の時も書きましたが、車道を歩く場所があります。

子連れはしっかり注意しましょう。

トレッキングコースは左手に山、右手に崖を見下ろしながら歩きます。
そして、ガードレールがありません

子供が落ちてしまわないよう、注意しましょう。

子連れトレッキングに便利なグッズ

子連れのトレッキングは、途中で歩くのをいやがっておんぶや抱っこになることがあります。

その時に便利なのがベビーキャリア。

荷物は少ししか入りませんが、子供が安定しておんぶをする人も楽なので、小さい子連れでトレッキングするなら持っておくと楽しめると思います。

3歳が乗るとこんな感じ

▼オスプレイのベビーキャリア

▼モンベルのベビーキャリアを紹介

ハリウッドサインの裏側へ行く観光まとめ

子連れでも楽しめるハリウッドサインの裏側への行き方を紹介しました。

トレッキングに初めて挑戦する、という人にもおすすめのコースです。

ロサンゼルス生活のロードマップ

ロサンゼルス生活を子供と始めるための役立つ情報・ロサンゼルスからのお出かけ・ショートトリップ情報発信しています。

応援よろしくお願いします!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる