サンディエゴは子連れで観光するのにおすすめスポットが満載!

ロサンゼルスから少し足を伸ばしてプチ旅行に行ってみませんか?

サンディエゴはロサンゼルスから車で3時間程度で行けて、アメリカではもちろん日本でも人気が出てきている観光地です。子連れでも楽しめるところがたくさんあり、街並みもきれいで大人も楽しめます。

子連れで旅行は行く場所もホテルもしっかり調べる必要がありますよね。
そんなサンディエゴを子連れで行っても楽しめるスポット、モデルコースを紹介します。

本記事の内容

  • サンディエゴとはどういう街か
  • 宿泊地でおすすめエリア3つ
  • 子連れで楽しめる2泊3日のコース
  • 今回いけなかった観光スポット

1歳・3歳の子連れでサンディエゴを2泊3日のプチ旅行に行きました。
とても楽しめましたし、おすすめの観光地です。

小さい子連れで楽しみましたが、小学生・中学生でも十分楽しめるコースです。
特に夕食で紹介している場所は小学生以上の方が大人が楽しめると思います。

スポンサーリンク

目次

サンディエゴとは

サンディエゴはカリフォルニア州の中でも南に位置し、人口はロサンゼルスに次ぐ都市です。
ロサンゼルスから車で2~3時間で行ける場所にあり、カリフォルニア州からやアメリカの観光地として人気。
日本でも人気が出てきている観光地になっています。

もともとメキシコからアメリカに渡され、1850年にカリフォルニア州の都市となりました。
スペインの植民地であったメキシコに入植したヨーロッパ人がサンディエゴに移り住み発展したと言われています。
このような歴史やメキシコに近い土地柄、メキシコの文化が色濃く残るオールドタウンやヨーロッパ風情漂うダウンタウンが観光地として人気です。

サンディエゴの街並みやサンディエゴ湾もとても綺麗でフォトジェニックな場所ばかりです。
子どもと行けるテーマパークも多く存在し、大人だけでなく子供も楽しめる観光地として人気です。

2泊3日の子連れコース

では、実際に2泊3日のサンディエゴ旅行をふまえておすすめスポットを紹介します。

1日目 ロサンゼルスからサンディエゴズーへ

sandiegozooentrance

本日の目的地はサンディエゴズー。
アメリカのテーマパークは朝早くに行って、混むところを早めに回ってしまうことがポイントです。
昼頃から小学生くらいの子供が増えてくるので、小さい子連れは朝が狙い目。

そのため、AM 6:00にロサンゼルスを出発。

サンディエゴズー(San Diego Zoo)

HP : https://zoo.sandiegozoo.org/

zoohp

trip advisorで世界2位のテーマパークに選ばれたこともある、世界的にも有名な動物園です。
東京ドーム8個分の広大な土地に、4000頭の動物がいる世界一大きいとも。

sandiegobus

広大すぎて1日では回りきれません。

園内は写真のような2階建てバスで回れます。
チケット代に含まれています。
チケットにはその他、他のバス代や空中散歩が楽しめるリフトも含まれていて小さい子連れに優しいです。

その他、追加料金でプライベートツアーやバックグラウンドツアーなど動物と非常に近い距離で会うこともできます。

さらに詳しくサンディゴズー/San Diego Zooの楽しみ方を紹介しています。

◎San Diego Zoo

2920 Zoo Drive, San Diego, CA 92101

1-DAY PASS 大人$62 子供$52(3-11歳)
2-DAYや3-DAY、他の施設と一緒になったPASSなどもあります。
駐車場:無料

夕飯はリトルイタリーで

littleitaly

リトルイタリーはサンディエゴのダウンタウンで港からも近く、南北に延びるストリートにグルメスポットがたくさん並んでいます。イタリア系移民がいた街で、美味しいイタリア料理店が並びます。

◎mimmo’s

1743 India Street San Diego CA 92101 US

HP : https://www.mimmos.biz/

シチリア料理のお店でピッツア・パスタなどとても美味しいです!

mimmospizza
シチリア料理のピザ ふかふかで美味しい!

子連れでmimmo’sに入りましたが店員さんの対応も良く、ゆっくり食べることができました

テラス席もありますが、子連れにおすすめなのは店内のソファ席です。
人が少ない17時前後に入るのがおすすめです。

MIHO

アメリカでは子供が少し騒ぐくらいでは誰も気にしません。
日本の外食よりハードルが低いです。

◎sorrento

1646 India Street, San Diego, CA 92101, USA

HP : https://www.sorrentoristoranteandpizzeria.com/

mimmo’sよりも雰囲気は大衆的で子連れでも入りやすい雰囲気はあります。

◎Buon Appetito

1609 India St, San Diego, CA 92101

HP : https://www.buonappetitosandiego.com/

少し大人な雰囲気のあるお店です。
とは言え、子連れでも入れると思います。

2日目 終日かけてシーワールドに

seaworld

終日サンディエゴの日です。
朝からサンディエゴを楽しむべく、おしゃれなカフェにも子連れで挑戦しましょう!

朝食をCafe Gratitudeで

cafegratitude

健康志向のおしゃれカフェ。
テラス席は朝、気持ちがよく子連れで行きやすいです。

◎CAFE GRATITUDE

1980 Kettner Blvd. San Diego, CA 92101

HP : https://cafegratitude.com/pages/san-diego

cafeasaii
アサイーボウルなどフォトジェニックなメニューがたくさん

注意点としては、動物性の食材を使っていないため子供の口に合わないかもしれません。
オートミルクやココナッツバター、アーモンドバターで作られたケーキ・クッキーです。

終日かけてシーワールドで遊ぶ

HP : https://seaworld.com/san-diego/

seaworldhp

水族館+遊園地のエンターテイメントパークです。

特にオルカ・イルカ・アシカなど海獣系の展示やショーが多い水族館です。
小さい子供が楽しめるテーマパークゾーン絶叫系コースターがそろうゾーンがあります。
急流すべりや水しぶきが飛ぶコースターなど夏は楽しい乗り物がたくさんそろっています。

seaworldorca

小さい子連れではショー、展示を見て、テーマパークで遊べます。
セサミストリートのゾーンはエルモにも会える小さい子供も大喜び。

seaworldsesami

広いテーマパークなので終日要しますし、1日では回れないかもしれません。

季節ごとにイベントもやっていて、いつ行っても楽しめること間違いなしです。

◎Sea World San Diego

 SeaWorld San Diego, 500 SeaWorld Drive, San Diego, CA 92109

1-DAY TICKET $95.99 3歳以下 Free
キャンペーンで安くなっていることが多いです。
(2021/8月 $59.99)

MIHO

チケットはネットで買うのがおすすめです。

ベイサイドエリアで夕飯

サンディエゴは新鮮な海鮮が美味しいです。

特にオイスターとウニ

◎Brigantine Seafood & Oyster Bar

1360 NORTH HARBOR DRIVE SAN DIEGO, CA92101

HP : http://www.brigantine.com/

サンディエゴ近くに何店舗かある海鮮Bar&レストラン。

baysidesnset
席から見えるサンセット

ベイサイドエリアのポートピアが景色も良くてオススメです。
店内はBarになっていてテラス席がソファでファミリーにおすすめです。
ファミリーだとテラス席に案内してもらえますよ。

MIHO

サンセット時間は非常に混みますので予約かずらしていきましょう。

おすすめメニューはやはりオイスター。
タコ・マグロもおいしかったです。

他にも海鮮のお店紹介

◎Ironside fish & oyster

HP : https://ironsidefishandoyster.com/

とても美味しいと評判でオイスターとウニがおすすめメニューです。
リトルイタリーにあるお店ですが、16:30に行っても40~50分待ちと言われました。
リトルイタリー内では小さい子連れが待つのはツライので、予約必須です。

3日目 少しのんびり街・海観光

1・2日目はテーマパークを歩き回り、少し疲れているはずです。
3日目は帰宅することもあり少しゆっくりしたプランです。

サンディエゴの街・サンディエゴ湾を水陸両用バスで観光

sealtuor

水陸両用バスでサンディエゴの街を30分(往復)、海を60分走ります。
ガイドさんが色々解説してくれたり、写真を撮ってくれたりとても楽しく観光できます。

毎日10時から30分毎バスが出ています。
集合場所はseaport village
ここはお土産屋さんや小売り店が集まっているところで買い物にもぴったりです。

小さいお子さん連れもたくさんいました。

sealtuorsealion
船のすぐ横にアシカが寝てる!

海では米軍が訓練しているイルカを見れたり、野生のアシカ(SEA LION)をたくさん見ることができました。
野生のアシカをこんなに見れるのは驚きでした!

◎SEAL TOUR

HP : https://www.sealtours.com/

大人$44 子供(4-12歳)$25 幼児(3歳以下)$10
ネットで購入すると少し安いです。

実際に乗ると2時間弱で、子どもは途中で飽きてしまう場面もありました。
お菓子など持ち込むことをおすすめします。

オールドタウンで街巡り

sealtuorsealion

オールドタウンはスペインからの入植者が入って来たころに中心地として栄えた街です。
メキシコ領、アメリカ領となった土地でメキシコの文化が色濃く残りながらもアメリカと融合した独特の雰囲気がある街になっています。

オールドタウン内にオールドタウン・サンディエゴ州立歴史公園があります。
公園内は古い建物を利用して、ショップやレストラン、博物館になっています。

オールドタウンで昼食・お土産

とても素敵な場所ですが、小さい子連れは子どもが飽きてしまうかもしれません。
今回は、昼食・お土産屋さん巡りだけしました!

cafecoyote

店内もカラフルでとてもかわいいです。

ナチョス・タコスは辛くないので小さい子連れも大丈夫です。
kids menuもありましたよ!

tacos
タコスとってもおいしかった!

◎Cafe Coyote

HP : https://www.cafecoyoteoldtown.com/

美味しいメキシコ料理が食べられる。
マルガリータが美味しい。
小さい子でも食べられるメニューもたくさんありますし、kids menuも。

オールドタウンは路地にお土産屋さんが並んでいて、とてもカラフルです。
1本路地に入っても、路面店があって歩くだけでも楽しいですよ。

oldtownshop

メキシコのカラフルなタイルがお土産として人気。

tile

コースターにしたり、庭に並べたり。
使い方は色々ですね!

サンディエゴのおすすめホテルエリア

サンディエゴでホテルのおすすめエリアは3つです。

  • ガスランプエリア
  • ベイサイドエリア
  • オールドタウンエリア

それぞれ車で20分以内では移動できる場所なのでどこにホテルをとっても楽しめると思います。

ガスランプ・クォーターエリア

ガスランプクォーターエリアは歴史のある町で、レンガ造りの建物が並んでいます。
一度は衰退した街ですが、再開発が進み今ではサンディエゴの人気スポットになっています。
ブティックやショッピングモールとなっています。

レストランが多く並んでいて、ここにホテルがあれば夕食は困らないでしょう。
夜もランプが灯り明るく、治安も小道に入らなければ大丈夫。

MIHO

ちょっと大人の雰囲気のエリアかもしれません。

ベイサイドエリア

サンディエゴ国際空港から南の海に面したエリア。

地図はヒルトンベイサイドを表示しています。
他にもリーズナブルなホテルもたくさん並んでいます。

ベイサイドエリアはもちろん、歩いてリトルイタリィへ行けるので夕食は困りません。
港に並ぶヨットや船を見ることができ、子どもも大喜びです。
ベイサイドエリアの一番の魅力は綺麗なサンセットが見られるところです。

MIHO

今回はベイサイドエリアを選びました!
海が好きなのと、ウォータフロントパークなど子どもが過ごしやすそうだったからです。

オールドタウンエリア

メキシコの雰囲気が漂うオールドタウンエリア
メキシコ料理も数多くありますが、子供がメキシコ料理が合わないという人は避けた方が良いかもしれません。

シーワールドがとても近いので、予定している人は近いです。
また、ラホヤというアシカが間近でみられる海岸にも今回紹介した3エリアの中では最も近いです。

行きたい観光地との兼ね合いで場所を選ぶのも良いですね。

他にも子連れにおすすめな観光場所

2泊3日ではなかなか回り切れないというのも事実。
時間があったら行きたいなぁと考えていた場所を紹介します。

バルボアパーク(Balboa park)

balboaparkhp
HPより

San Diego Zooのすぐ横にあるバルボアパーク。

広大な土地の中に、美術館、博物館、トレイルなど色々な楽しめるスポットがあります。

◎Balboa Park

HP : https://www.balboapark.org/

公園内に入るのは無料です。
museumなどはそれぞれに入館料が必要です。
(1.3.4.5火曜日は無料になるmuseumなどもあるようです。)

レゴランド・カリフォルニア・リゾート

日本でも愛知県にレゴランドがありますが、その本拠地ともいえるレゴランド・カリフォルニア・リゾート。

レゴブロックでできた街、アトラクションがあります。
2,3歳でも楽しむことができるアトラクションもあり小さい子連れでも十分楽しめます。
レゴでできた精巧な街・アトラクションは見ているだけでも大人も楽しいスポットです。

MIHO

もう丸1日あったらここに行きたかったー!

◎レゴランド・カリフォルニア・リゾート ( LEGOLAND California Resort)

HP : https://california.legoland.com/

大人 $95 子供(3~12歳) $89
駐車場 $20

年間パスやWeb購入で割引もあります。

ミッドウェイ博物館

ベイサイドエリアにあるミッドウェイ博物館。

もともと第二次世界大戦やベトナム戦争・湾岸戦争で使用されていた空母が今は博物館として公開されています

サンディエゴはトム・クルーズ主役のトップガンのロケ地としても有名です。
トップガンで使われた戦闘機もミッドウェイ博物館にあるとか。

空母の中を見学できる機会はそうないでしょう。
甲板には飛行機の滑走路があり、戦闘機に乗り込んだりたくさんのヘリコプターが展示されています。
退役軍人(ベテラン)の解説などもボランティアで行われています。

チケット代にはガイドオーディオが含まれていて日本語もあります。
日本語のガイドを聞きながら回れるのはありがたいですね!

◎ミッドウェイ博物館

HP : https://www.midway.org/

大人 $26

まとめ

いかがだったでしょうか?

サンディエゴは子連れでお出かけしやすい場所だと思います。
アメリカは基本的には子どもに優しいですので勇気を出してお出かけするのが良いですね!

当ブログでは他にも子連れでお出かけできるところを紹介しています。
是非ご覧になってください!

MIHO

最後までお読みいただきありがとうございました!

応援よろしくお願いします!

コメント

コメントする

目次
閉じる