SWELLの評判!実際にcocoonから移行して分かったレビュー

みんな

WordPressの有料テーマ「SWELL」ってどんな感じ?
cocoonから移行しようか迷っています・・
どんなところが良い?

こんな疑問にお答えします。

本記事の内容

  • SWELLとは
  • SWELLを使ってわかったメリット、デメリット
  • SWELLの口コミ
  • SWELLの購入方法

私はcocoonでサイトを作っていましたが、2021年5月にSWELLに移行しました。
いつ頃、有料テーマに移行するのが良いの?という疑問ありますよね。

正直、使いやすい+デザインが良い!もっと早く移行すればよかった・・。

この記事を読むのにオススメな人
  • 有料テーマを初めて導入しようと思っている人
  • 「SWELL」を導入しようか迷っている人
  • ブログデザインを格好よく、綺麗にしたいと思っている人

ブログを始めようか迷っている方は先にコチラをどうぞ。

スポンサーリンク

目次

WordPress有料テーマ「SWELL」とは

swelltoppage

「SWELL」とはシンプルなのに高機能を目指して作られたワードプレスの有料テーマです。

その通り、とても使いやすいのにデザイン性が高いブログが作れます

値段は17,600円と高めではありますが、機能性・デザイン性を考えると決して高くはなかったテーマだと思っています。

MIHO

実際、ブログを書くスピードはアップしました。

「Cocoon」から「SWELL」に移行してわかったメリット

メリットを先にあげてしまいますね。

  1. 書くスピードがUPした。
  2. デザイン性(トップページ)が高い
  3. 乗り換えは楽だった
  4. 分からないことが調べやすい
  5. サイトが重くならない

「SWELL」はブロック完全対応で書くスピードがUPした

「SWELL」ではブログ作成のスピードがアップします。

「SWELL」はブロックエディタに完全対応だからです。

ワードプレスではブロックエディタとクラシックエディタというものがあります。
このブロックエディタは非常に簡単に書き進めることができるんです。

ブロックエディタの使い方は以下の動画の通り。

みんな

クラシックエディタはつかえないの?

swellではクラシックエディタではいくつか使えない機能があるそうです。

しかし、クラシックエディタ自体がWordPressが2022年からサポート対象外となります。
今後はブロックエディタを使うことをおすすめします。

具体的にいくつかswellの機能を紹介します。

ふきだし

cocoonでふきだしの書き方

classiceditor

クラシックエディタを選択→ふきだし→内容を書き込む
別のふきだしに変更するには同じ作業を繰り返す必要があります。

「SWELL」のふきだしの書き方

hukidashi1

ブロックエディタからふきだしを選ぶ→内容を書く
内容を書く→ふきだしに変更
ふきだしを作ってからクリック一つで吹き出しの種類も変更できます。

hukidashiblock

ふきだしをよく使うブロガーにはとても便利な機能です。

広告

cocoonではこれもクラシックエディタで呼び出す必要がありました。

SWELLではブロックエディタに対応しています。
ブロックを選び、下記のようにタブであらかじめ登録したものを呼び出すだけです。

koukoku1
koukoku2

テーブル

テーブルデザインもクリックで色々と変更できます。

ab
A100100
B100100

ブロック化

ブロック化機能があることで、1段落を文字で囲うことはもちろん、

こんにちは

2段落以上を一つのブロックとして囲うことができます。

こんにちは

ハロー

そして多用しているのが箇条書きをブロック化して囲うことができます。

  • こんにちは
  • ハロー
  • Hello
MIHO

実はこれが簡単にできるのはかなり便利です。

特にトップページのデザイン性が高い

SWLL公式サイトのデモサイト一覧を表示しました。

「SWELL」ではトップページが格好良く作れます。

理由は以下の通り。

  • 画面いっぱいにトップ画像が表示できる
  • 1カラムでのトップページを簡単に編集できる
  • ピックアップ記事で動的に流せる

これらをクリックで作っていくことができます。

MIHO

HTML/CSSの詳しい知識は必要ありません。
当サイトのトップページも改良中・・!

cocoonからSWELLへの移行はプラグインで楽だった

移行はとても簡単にできました。

SWELLには乗り換えサポート用プラグインというものがあるからです。

MIHO

他のテーマも増やしていく予定だそうですよ

cocoon乗り換えサポート用プラグイン
AFFINGER5乗り換えサポート用プラグイン
JIN乗り換えサポート用プラグイン
SANGO乗り換えサポート用プラグイン
STORK乗り換えサポート用プラグイン
THE THOR乗り換えサポート用プラグイン
みんな

これがあるとテーマ移行は面倒じゃない?

このプラグインで大きな型崩れはなく簡単に移行することができました

見た目は崩れませんでしたが、小さな調整は必要でした。

  • cocoonでサイト型のトップページにしていたので崩れた
  • マーカーがすべて消えるので付け直す必要があった
  • クラシックエディタで作ったところはブロックへ変更する
  • 広告もブロックへ変更

トップページ以外は見た目は崩れなかったのでゆっくりリライトすることができています。

わからないところはフォーラムで聞くことができる

公式ホームページにフォーラムがあり、質問をすることができます。

使い方が詳しく乗っており、それでも十分です。
その上直接、開発者の了さんに質問ができたり、SWELL使用者同士のコミュニティがあります。

SWELLの使用者は増えています。
ネット上に疑問点の解決策がたくさんあります。

MIHO

サポートが手厚いのは初心者には嬉しいですね!

「Cocoon」から「SWELL」に移行してわかったデメリット

デメリットは本当に少なくて、ツイッター上のデメリットの口コミは非常に少ないです。

移行時には見た目は崩れていなくても調整が必要な部分があります。
特に最初は慣れていないので少し時間が必要です。

値段は他のテーマと比較すると高め

一般的な有料テーマは¥15,000前後なので、少し高め設定です。

使うと十分な価値はあると思います。
SWELLにはアフィリエイト機能があるため、少し高い値段設定になっているのかもしれません。

MIHO

複数のブログにも使えて、実際はコスパはいいと思います。

アフィリエイトが無くても、十分人におすすめしたいテーマだと思います!

移行時に調整が必要

乗り換えプラグインを使えば見た目が崩れることはほぼありません。
ただし、乗り換えプラグインを消すためには以下の点の手直しが必要です。

  • cocoonでサイト型のトップページにしている場合は崩れる
  • マーカーの付け直し
  • クラシックエディタで作ったところはブロックへ変更
  • 広告もブロックへ変更

記事数が多いと手間になります。

「SWELL」を考えている方は早めの移行を強くおすすめします。

MIHO

80記事以上手直しは非常に大変でした・・

「SWELL」の口コミ

Twitterでswellにはたくさんの口コミが乗っています。

良い口コミ

たくさんの口コミがあったので、多かったものをまとめると・・

  • 初心者でもサクサク書ける
  • 記事を書くのが早くなった
  • クリックでできる装飾が豊富
  • デザインがお洒落(特にトップページ)
  • とにかく楽しくなった
  • 公式ホームページが充実している
  • 開発者(了さん)が素敵な人

残念な口コミ

本当に少なくて探すのが大変でした。

まとめると・・・

  • 高い(でも使えるから買ったなど)
  • 完全移行に時間がかかった(早く買えばよかった)

「SWELL」の購入方法

それでは実際に購入する方法をお伝えします。

STEP
SWELL公式ホームページにアクセスします。

右上のダウンロードボタンをクリック。

利用規約に同意してSWELLを購入

buyswell1
STEP
カード情報を入力して¥17,600支払うをクリック
buyswell2
STEP
メールでダウンロードリンクが届く

メールは規約違反になるので公開していません。領収書はこんな感じ。

buyswell3

SWELLの子テーマ、乗り換えプラグインは無料です。

導入、移行の仕方は現在作成中です。

まとめ

  • SWELLの特徴
  • cocoonからSWELLに移行して感じたメリット・デメリット
  • 口コミの紹介
  • SWELLの購入方法
応援よろしくお願いします!

コメント

コメントする

目次
閉じる