緊急帝王切開と予定帝王切開の違い?どちらも経験した女医が紹介

scheduledoremergency

帝王切開には2種類あるのはご存知ですか?

出産には「経膣分娩」「帝王切開」の方法があります。

そのうち、帝王切開は「緊急帝王切開」「予定帝王切開」があります。
その名の通り、緊急で行うか予定で行うかです。

この記事を書いている私はどちらも経験しています。
2018年に無痛分娩から緊急帝王切開で1人目、2020年に予定帝王切開で2人目を出産しました。

予定帝王切開の手術場の出産レポをまとめていますので参考にどうぞ。

スポンサーリンク

目次

緊急帝王切開と予定帝王切開の違い

帝王切開は昔に比べると増加傾向にあります。

手術が安全に行えるようになってきたからです。
経膣分娩でリスクを取るより帝王切開の方が安全という判断ですね。

「予定帝王切開」は、事前の検査などから経腟分娩に適さないと判断され、前もって計画して行う帝王切開のことです。 もうひとつの「緊急帝王切開」は、経腟分娩を予定していたものの、妊娠経過中やお産の進行中に何らかの理由で経腟分娩が不可能と判断され、急いで行う帝王切開です。

日本産科学会より引用
予定帝王切開
緊急帝王切開
  • 予定で行う
  • 37〜39週で行うことが多い
  • 腰椎麻酔が多い
  • 入院日数は7日間
  • 20万円の3割負担
  • 緊急で行う
  • 分娩途中に決定する
  • 麻酔方法は緊急度による
  • 入院日数は7日前後
  • 22万円の3割負担

緊急帝王切開をする理由

大きく分けて2つの理由があります。

  • 赤ちゃん側の理由
  • お母さん側の理由

赤ちゃん側の理由としては、なかなか出てこれなくて低酸素状態になったり、いざ出産となった時に赤ちゃんより前にへその緒が出てきてしまい、酸素がへその緒を通して送れなくなった場合などです。

お母さん側の理由としては、破水が先に起こり促進剤を使ってもお産が進まないときや子宮破裂、母体の危険な状態などで緊急で帝王切開になります。

予定帝王切開になる理由

外来通院の時点で、何らかの理由で普通分娩が難しい、もしくは普通分娩より帝王切開の方が安全、と判断されたときに選択される出産方法です。あらかじめ予定を立てて行われ、多くは37~39週で行われることが多いようです。

緊急と同じく、理由は2つ。

  • 赤ちゃん側の理由
  • 母体側の理由

赤ちゃん側では例えば逆子や赤ちゃんが骨盤に対して大きすぎたり、双子や三つ子ちゃんの時です。

お母さん側では前置胎盤(胎盤が子宮口にかかってしまっていること)や帝王切開の既往があるときなどに予定帝王切開になります。

緊急帝王切開の体験談・流れ

1人目の出産中、緊急帝王切開になりました。

実際の流れ(出産レポ)を紹介します。

緊急帝王切開の決定

経膣分娩(普通分娩)をしている途中、赤ちゃんがなかなか出てこない。

何度もいきむも、出てこない。

そのうちに赤ちゃんの心拍が落ちてきてしまいました。
このままでは赤ちゃんが危険、と産婦人科の先生が判断。

緊急帝王切開の決定です。

産婦人科Drが私の家族に説明・同意書作成。
手術室・麻酔科Drへ連絡。
それに合わせて助産師さんが手術室へ私を送るための準備。

これが急ピッチにすすんでいきます。

色んな電話がなって、「〇〇に電話したかー!」「確認の電話まだかー!」などいろいろな声が飛び交います。

MIHO

このバタバタがトラウマになる人もいるそうです。

手術室での様子

緊急帝王切開が決まったら、いきむのを禁止されます。
これがまた大変。

フゥー、フゥー・・

手術室には皆さんにベッドで運んでもらいます。
手術用のベッドに乗り換え、麻酔の先生からすぐ寝てもらいますねー、と。

全身麻酔での緊急帝王切開でした。

赤ちゃんの危険度に合わせて麻酔方法が変わるそうです。
今回はGradeAと危険な状態と判断。

背中からの管を利用して痛み止めが先に入りました。
麻酔薬が出ているマスクを顔に当て、麻酔スタート。

と同時に下腹部に温かいイソジン消毒がかけられる感触、そして切られたような感覚。
痛みはない・・・とともに意識を失いました。

次に目が覚めたのは病室に帰った時。

緊急帝王切開の術後

全身麻酔なのでベッドに乗せてもらい病室に帰りました。
全く記憶はありません。

その日の夜は子宮復古を確認するため、助産師さんが数時間ごとにチェックに来ました。
体を動かすのが非常に痛くて、辛かったです。

術翌日に立ち上がり、歩行開始。
痛みはかなりのものでした。

緊急帝王切開の費用

今回の場合、破水して入院して普通分娩を途中まで行っていました。

普通分娩の日までは自費診療、帝王切開になったところから3割負担になりました。

出産一時金で全てまかなえました。

予定帝王切開の体験談・流れ

1人目が緊急帝王切開だったので、2人目は予定帝王切開になりました。

予定帝王切開の体験談、出産レポをnoteに書いています。

予定帝王切開は手術前日に入院

手術日前日に入院し、各先生方と挨拶。
手術当日、朝一番の手術のため8:30に手術室へ。
8時頃に手術着に着替えて待機しました。

今回はコロナ禍の入院のため面会が全くできないため、別室で家族一人のみ待機とのことでした。

予定帝王切開は手術室でも余裕がある

手術室に到着し、各先生方と挨拶し、まずは麻酔を行います。
手術台の上で横向きに寝て背中から麻酔薬を注入します。
意識はあり、下半身の感覚がないことを麻酔科医師が確認して、手術開始。

MIHO

緊急帝王切開時は麻酔の先生全く覚えていません・・

手術が始まった感覚やDrの話し声も聞こえます。
術中、麻酔の先生と軽く話したりしてました。

赤ちゃん・胎盤が出て、赤ちゃんと会わせてもらいます。
その後、お腹を縫ってもらい、終わればベッドで病室へ。

予定帝王切開の方が術後少し痛みはまし

赤ちゃんとは別に病室に帰ります。

今回、術後出血量が多く処置が必要になってしまったため赤ちゃんとは翌日まで会えませんでした。
ただ、出血量が多かったにも関わらず、痛みは緊急帝王切開と比較してましでした。

予定帝王切開の費用

もともと予定されているので費用は20万円の3割負担。

それに部屋・食事代などが追加されます。

私の場合はその後、緊急入院などもしたので高額医療制度を利用することになりました。

基本的には出産一時金でまかなえる額です。

最後に

あくまで私が実際に経験した流れで、病院によっては違うことも多いと思います。

予定帝王切開の方は事前にわからないことは先生や助産師さんに聞きましょう。
安心して帝王切開を受けられるといいですね。

応援よろしくお願いします!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (2件)

コメントする

目次
閉じる