ラスベガスの食事はどうする?子連れで楽しめるバフェとレストラン

旅行やお出かけの時に子連れだと悩むのが食事。子供に優しいレストランかどうかは気になるところですよね。

ラスベガスは大人の街で子供向けのレストランというのは、やはり少ない。しかし子供入店を嫌がられることはほとんどないですよ。

今回は子連れでも楽しめるラスベガスの食事を紹介します。

1・3歳連れでラスベガスに3泊4日の年末年始旅をしました。子供が楽しめるところを中心に観光し、大人も子供も大満足♪

ラスベガスを子連れで楽しんだ観光子連れにおすすめのホテルも紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

目次

ラスベガスの食事は子連れに便利なバフェを利用しよう

バフェ

バフェとはビュッフェ、バイキング、食べ放題のことです。子連れだと暴れない限り(笑)、ある程度騒がしくても許されますし子供も楽しめるのでおすすめです。

バフェの利用方法

  • 入り口で支払う
  • テーブルで支払う

先に支払って食べ放題になります。

入り口で支払って入店する場合と、テーブルに案内されてから支払う場合があります。食べ物の他に、飲み物(アルコール)の飲み放題に支払う必要があることがあります。

Wynnのバフェは待ち時間対策も

wynnホテルの中
ホテルの中が可愛い!!
wynnホテルの中2
メリーゴーランド回ってました

インスタ映えで女性に大人気のバフェです。見た目・雰囲気ならここが一番おすすめ。

wynnのバフェ
入り口の看板も可愛い

11時半ごろに行きましたが、ホリディシーズンということもあり長蛇の列ができていました。はじめに並んだ時には店員さんに2時間待ちと言われました。実際は、40分くらいで入れました。

MIHO

おそらく、2時間交代制だからそう言われたのでしょう。

利用方法はテーブルについたら、まずはテーブルで飲み物を頼みます。年齢・人数を確認されて飲み物とほぼ同時にお支払いをテーブルで行います。

その後は食べ物は取りに行って飲み物はテーブルで注文です。

和食(風)、中華、イタリアン・・と色々な食事があり、海鮮も美味しかったです。そして、デザートもとてもおいしかったです。クレープを自分の好きなものを注文してその場で作ってもらえたり、アイスクリームも美味しかったです。

wynnのバフェクレープ
クレープとアイスはその場で作ってくれます
wynnバフェ店内
デザートコーナー

明るい雰囲気でインスタ映えのするバフェ・・とのことでしたが、ばえる写真は撮れませんでした。

※バフェ内のトイレはおむつ交換台がありませんでした。

THE BUFFET Bellagioのバフェ

ベラージオホテルの中
ベラージオ受付の天井、ベネチアングラス

5つ星ホテルであるベラージオのバフェは高級食材が人気です。

お肉・魚が美味しかったです。

シルクドソレイユ「O」の横にあるので、ショーとバフェを利用する人が多いです。夜は混雑しますが、朝・昼はそこまで混雑していないので狙い目かもしれませんね。

他にもバフェはたくさんある!

ラスベガスでは各ホテルに1つバフェがあるといっても過言ではありません。他にもyelp(海外の口コミサイト)で評判が良いバフェを紹介します。

バッカナル・ビュッフェ/Bacchanal Buffet シーザーズパレス

Best Buffetにも選ばれたことがある、ラスベガスで最も人気のあるバフェ。

他と比べると少し値段が高いですが、美味しいと評判。

ザ・ビュッフェ(アリア)/The Buffet at Aria

海鮮に力を入れているバフェ。実は、海鮮はランチでは食べられないことが多いのですがアリアのバフェでは昼から海鮮がしっかり食べられるそうです。

ラスベガスの食事で子連れに優しいレストランはここ

バフェは3歳まで無料のことが多く、小さい子連れには値段的にも優しいです。しかし、レストランにも入りたいですよね

ラスベガスで子供向けレストランは正直ありません。ただ、子供でも食べやすかったり子供も入りやすいレストランを紹介します。

店員さんに案内される時、ハイチェアかソファの希望を伝えると良いですよ。我が家はハイチェアでじっとしてられないのでソファ席を毎回希望しました。

ラムゼイバーガー

ゴードンラムゼイバーガー
gordon ramsay burgerのホームページより

GORDON RAMSAYってご存知でしょうか?イギリスの料理番組で人気になった世界で最も成功した料理人の1人です。

そのGordon Ramsayのレストランがラスベガスにはたくさんあります。Gordon Ramsayレストランは子供も入りやすいですが、特にバーガーは入りやすいと思います。

ラスベガスにあるゴードンラムゼイレストラン
  • Gordon Ramsay Hell’s Kitchen
  • Gordon Ramsay Pub & Grill
  • Gordon Ramsay Fish & Chips
  • Gordon Ramsay Steak
  • Gordon Ramsay Burger

ラムゼイシリーズはラスベガスだけで5つもあり、全て行列ができます!今回はバーガーに行きましたが、子供でも喜んで食べてくれました。

一番人気のバーガーはspicyでちょっと辛かったので子供は食べられませんでした。ポテトがすごく美味しかったです。ソースが!元々ポテト好きの子供たちはたくさん食べていました。

ラムゼイバーガー
バーガーとポテトは子供にも大人気

Hong Kong Cafe

香港カフェの入り口
HongKongCafeの入り口

日本人はアジア系のもの、食べたくなりますよね。

ここでチャーハン、小籠包、焼きそばなど日本人の口にあう料理がたくさんありました。子供もかなりたくさん食べていました。

子供向けのレストランというわけではありませんが、子供の食べられるメニュー・受け入れも問題ありませんでした。

ラスベガスで食事、子連れならファストフードやフードコートもあり

もうちゃんとレストランに入るのは疲れた・・という時はファストフードやフードコートもあるので安心です。

小さい子供連れだと、大人の食べたいものと子供の食べたいものが違うこともありますよね。フードコートだと別々のものを食べられますし、部屋に持って帰ることも可能です。

ファストフードが並ぶ場所はここ

ハイローラー
ハイローラーが青空に映えます

フラミンゴホテルの横から観覧車ハイローラーへ続く道には子供でも入りやすい店やファーストフードが並びます。

ハイローラーは世界最大級の観覧車。子連れでも乗ることができ、1ゴンドラに40人も乗れる大きさ。

ここにIN-OUT-BURGERなどファストフードが並びます。

フードコートはホテルにも街中にもある

ラスベガスでは高級レストラン・バフェばかりと思われがちですが、ホテルにフードコートもたくさんあります。

カジノを楽しみながらちょっとご飯をつまむ、そんな人のために充実しています。

おすすめはベネチアンホテルのフードコート

ベネチアンホテル外観
ベネチアンホテルの中にはおすすめフードコート

ベネチアンホテルはイタリアをモチーフにしていることもあり、フードコートもイタリアンジェラートも並んでいます。

ストリップ通りに面したところもフードコートが

チョコレート屋さんのm&mのすぐ近く、2階にもフードコートがあります。

  • バーガー2つ
  • PANDA EXPRESS
  • インドカレー
  • SUBWAY

いわゆるアメリカのチェーン店、ファーストフード店がありました。

食べ終わって子供は歩き回っていましたが、子連れも多く温かく見守ってくださいました。ベビーカーでも入りやすいですよ。

フードコートでの出会い
フードコートでの出会い 右が娘

ラスベガスでは食事もエンターテイメント!子連れでも楽しもう

ラスベガスにきたらバフェで食事を楽しむのはマスト!

ですが、子連れだと毎回バフェ・レストランは疲れてしまいますよね。そんな時はフードコートやファーストフードで済ませてしまうのも1つだと思います。

子連れでラスベガスに泊まるには中心地がおすすめです。おすすめホテルについても書いているので是非みてくださいね。

子連れラスベガスで楽しめる観光も紹介しています。

ロサンゼルス生活のロードマップ

ロサンゼルス生活を子供と始めるための役立つ情報・ロサンゼルスからのお出かけ・ショートトリップ情報発信しています。

応援よろしくお願いします!

コメント

コメントする

目次
閉じる