2021年1月コロナ禍でデルタ航空チケットは変更、差額は無料

MIHO

2021年始にロサンゼルスへ引っ越ししました。
その時の飛行機についての備忘録です。

2021年1月に関西からロサンゼルスへ渡米しました。
子連れで渡米なので早めに予約していましたが、コロナ禍で予約が何度も変更になりました。

実際にどんなふうに予約が変更になったか、予約変更方法をご紹介します。

子どもの航空券予約方法が知りたい方は先にコチラを読んでください。

スポンサーリンク

目次

最初の予約を紹介

2020年8月に予約をしていました。

2021年1月の予約ですが、バシネットの予約などもあり早めに予約しました。
また、デルタ航空は早めに予約した方が安い印象があります。

関西からロサンゼルスの予約

KIX(関西国際空港) → HNL(ホノルル空港) → LAX(ロサンゼルス)

選べる中では羽田経由もありましたが、1人あたり2-3万円高く上記の航路を選びました。
夜20時出発、夜20時頃到着予定でした。

MIHO

ちょうど寝てくれると思いました。

座席はバシネットがつけられて、少し広めの席デルタ・コンフォートプラスを選びました。
(デルタコンフォートプラスは一般的に言うプレミアムエコノミーです)

機体の都合上、KIX→HNLはバシネットがつけられますがHNL→LAXには付けられない機体でした。

みんな

バシネットって何?

バシネットについてはこちらを読んでください。

予約メール(抜粋)

予約メールにコロナについての注意点が書いてありました。

<メール抜粋>

GOVERNMENT-ISSUED COVID-19 TRAVEL RESTRICTIONS
Several countries/states have issued travel mandates that may affect your trip. We strongly encourage all customers to review the COVID-19 Travel Restrictions before arriving at the airport. You may check your eligibility to change or cancel your flight here.

MASKS REQUIRED FOR EVERYONE’S SAFETY
Per CDC recommendations, all employees and customers are required to wear masks or face coverings throughout the travel journey. Customers requiring medical-based exemptions for not wearing face coverings or masks should be prepared to complete a clearance to fly process prior to departure at the airport.

ざっと訳します。

  • 行先によってはコロナのために渡航が制限されている可能性があり、確認をしてください。
  • 飛行機では従業員・客はマスクやフェイスシールドをする必要があります。
    医療上の面からできない場合は申請の必要があります。

予約がキャンセルされた

前触れもなく、突然キャンセルされました。

突然キャンセルのメールが来た

「あなたの旅程はキャンセルになりました。変更、もしくはキャンセルしてね。」

というメールが来ました。

MIHO

えええ?キャンセル!?

どういうことか

コロナの影響で関西国際空港からの国際便が大幅に減便となり、KIX→HNL便がなくなりました。
そのため、デルタ航空からキャンセルの通知が来たようです。

予約変更①

自分で予約の変更をする必要がありました。

子どもの航空券・バシネットがあるため、電話で変更の必要がありました

予約はこう変更になった

ITM(伊丹空港) →HND(羽田空港) →LAX(ロサンゼルス)

乗り換えが日本ででき、元々はこの旅程で行きたかったので、ラッキーと思いました。
ITM→HNDはデルタ航空ではなくANAでした。
昼13時出発・朝9-10時到着になりました。

グレードアップ!?

デルタ・コンフォートプラスの予約をしていました。
しかし、変更後の機体にデルタ・コンフォートプラスがありませんでした。
そのため、デルタ・プレミアムセレクトにグレードアップすることになりました
(いわゆるビジネスクラスのこと)

値段

コロナの都合での予約のため、差額の支払いはありませんでした。
結果的にグレードアップしてもらいましたが、その差額の支払いもありませんでした。

MIHO

ラッキー!と思っていました。

予約変更②

今度はキャンセルではなく、航路の変更という連絡が来ました。

予約変更のメールが来た

<メール抜粋(訳)>

  • ルートの調整の影響でスケジュールが変更されました。
  • 入国先のコロナについての注意点を確認しておいてください。
  • 旅程の変更をしたい場合・キャンセルしたい時には問い合わせをしてください。

今回は自動的に、デルタ航空側で変更になりました。
何もせず予約変更になりました。

予約はこう変更になった

ITM → HND → SEA(シアトル) →LAX(ロサンゼルス)

乗り換えがアメリカ国内で増えてしまいました。
ITM→HNDはANAで、そこからはデルタ航空でした。
出発は昼出発、到着は昼到着でした。

MIHO

昼出発ですが、すぐ夜ごはんが出る形で不安でした。

グレード

HND→SEAはデルタ・プレミアムセレクト
SEA→LAXはデルタ・コンフォートプラス

HND→SEAはグレードアップしていて、一番長いルートが快適なのは嬉しいことです。

値段

最初の予約から値段は全く変わりません。
1つ飛行機が増えましたが差額を払う必要はありませんでした。

予約変更のメールには注意

突然、メールで旅程の変更、キャンセルが届きます。
最初のキャンセルに気づいていなければ・・とゾッとします。

早めに予約しておくと最初の値段で変更してもらえます。
今回のように値段変わりなくグレードアップの可能性もあります。

最終確認は電話で

細かい変更などは電話で確認することをおすすめします。

予約していたものが勝手にキャンセルされたり変更になるのは不安ですよね。
そのため、キャンセルされた旅程について自分で変更やリクエストを加える時には
電話で確認する方が安心できると思います。

まとめ

  • コロナ禍では予定していた旅程が大幅に変更になることがあります。
  • 最終的には電話で確認が必要です。

子連れ飛行機は大変なことも多いと思います。
こちらに座席についてまとめていますので一緒に頑張りましょう!

応援よろしくお願いします!

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

目次
閉じる