ベビーカーを海外生活・旅行でアメリカに持っていくべきか、その方法

みんな

ベビーカーを海外に持っていくか悩んでいます。
どうやって持っていこう?
現地で買った方がいい?
持っていくなら何がおすすめ?

こんな疑問にまとめてお答えします!

本記事の内容

  • ロサンゼルス生活に遭うベビーカーの特徴
  • 海外旅行・海外生活にベビーカーを持っていくべきか
  • 飛行機でベビーカーを海外に持っていく方法

この記事を書いている私は0・2歳の子連れでロサンゼルスに引っ越しました。

実際にベビーカーを持って行ってよかったです。
持っていくのは簡単でした。

ベビーカー以外のロサンゼルスと日本の違いについてはコチラをどうぞ。

スポンサーリンク

目次

ロサンゼルス生活にあうベビーカーの特徴とその理由

ベビーカーは英語ではstrollerと言います。

MIHO

baby carでは伝わらないんですね。

ロサンゼルスでは大きめベビーカーが一般的

ロサンゼルスではA型のベビーカーが一般的でB型はほとんど見ません
A型の中でも大型のものが多いです。

2人横に並べたり、上下に乗せられる2人用のベビーカーもよく見ます。
テーブルが付いていておやつを食べたり。
おもちゃや色んな荷物をベビーカーに入れて運びます。

MIHO

ベビーカー兼荷物用という扱いです

道が広くて悪い

良くてもこんな感じ

歩道が日本より広いが、凸凹だったり勾配がきつかったりします。
半分くらい芝生になっていることも。

走行性が良いことはかなり大事だと思います。
3輪のしっかりめのベビーカーはアメリカには向いているベビーカーと考えます。

車移動が一般的

公園に行くにも、店に行くにも一旦、車移動です

重いことよりも走行性が大事になります。

小さいものベビーカーはロサンゼルスでは役に立たない?

あると便利ではあるが、1台買うなら大型。

B型は施設内での移動用というイメージです。
走行性はA型よりは悪くなるので芝生などは走りにくいです。
道路も車が常にたくさんいるので座面の低いB型は空気が悪そうです。

実際、私たちは2台目ベビーカーとして使用しています。
家族でお出かけ先で施設内用として使っています。

海外生活/旅行にベビーカーを持っていくべきか

faq

海外生活を始めるにあたり、持っていくか現地で購入するか。
海外旅行に持っていくかをそれぞれに分けて解説します。

海外生活にベビーカーは持っていくと良い

ベビーカーは持っていくことをおすすめします。

理由は、飛行機でベビーカーを持っていくのは簡単だからです。
持っていく方法はこのページの下に詳しく書いています。

生活開始時は買い物もたくさんする必要があり、ベビーカーがあるのは便利で安心です。

現地で買うとかなり大型になる

ロサンゼルスのstroller売り場を見てみると、大型ばかりです。
日本の大型ベビーカーが普通か少し小さめの扱いです。

日本に持って帰ると使いづらいです。

MIHO

日本に持って帰る予定がない方は買うのもありだと思います。

持っていくのにおすすめなAprica SMOOOVE

Aprica SMOOOVEについての細かいレビューはコチラを読んでください。

A型のベビーカーで大きめ・しっかりしたベビーカーです。
走行性が抜群に良いものの、持ち上げるのには一苦労します。

ロサンゼルスの生活にはぴったりのベビーカーです。
ロサンゼルスでは普通か少し小さめに感じます。

海外旅行は長期間であれば持っていく

結論、3〜4日では要らないと思います。
1週間以上、街歩きが多いプランの時は持っていきましょう

MIHO

持っていくか決めるポイントを紹介します

ホテルでベビーカーをレンタルできるか

宿泊するホテルにベビーカーを貸し出すシステムがあるか確認しましょう。
グアム・ハワイなどの人気観光地のホテルでは、レンタルがあることが多いです。

予約が必要なこともあれば、先着順というところも。

宿泊期間中、ベビーカーをレンタルできるなら持っていく必要はありません。

行き先でベビーカーを借りられるところも多い

ロサンゼルスでは子供用施設(zoo,museumなど)はほぼ貸し出しがあります。
グアム・ハワイなどでもショッピングモールでも貸し出しがあります。

ビーチでやホテルでまったりするプランにはベビーカーは必要ありません。
観光地巡りにはあった方がよいでしょう。

プランによってベビーカーが必要かは異なり、行先で借りられるかも調べておきましょう

空港内・空港からの移動にはベビーカーは必要ない

飛行機に乗るまでは貸し出しベビーカー、空港内ではカートが使えます。
空港内はなんとかなると思います。

空港からの移動はホテルへ車などの移動になり、ほとんど必要ないと思います。

飛行機でベビーカーを海外へ持っていく方法

子どもの遊ぶ絵

非常に簡単です。
スーツケースと全く同じです。

  1. 荷物を預ける(packingしてくれます)
  2. 乗り換えがあれば引き取るも、そのまま預かってくれる
  3. 荷物を受け取る

ベビーカーは預ける荷物にカウントされない

デルタ航空では、ベビーカーはカウントされません
ANAもカウントされませんでした

ベビーカー用アクセサリーが付いていても問題ありませんでした。

ベビーカーの荷物入れにバギー用のレインコートやLascalボードもいれていました。
しかし、それも全部まとめてpackingしてくれました。

空港内は貸出しベビーカー

空港内は結構歩きます。
空港内はカウンターで言えばベビーカーを貸してもらうことができます

手荷物検査もそのまま通過でき、飛行機に乗る直前まで借りることができます
乗り込むときにキャビンアテンダントに返します。

ちなみに、ベビーカーを預けなくても借りることができます

MIHO

子連れの場合はひとまず借りてしまうのが良いと思います

まとめ

  • ロサンゼルス生活に遭うベビーカーの特徴
  • 海外旅行・海外生活にベビーカーを持っていくべきか
  • 飛行機でベビーカーを海外に持っていく方法

以上をお伝えしました。

一緒に頑張りましょう!

応援よろしくお願いします!

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

目次
閉じる